ハーフリネンで



C&Sで注文していた生地が届き、GWに2着仕上げる事が出来ました。
去年も作ったフード付きのベストとハーフパンツ。
赤と白が混ざりあったハーフリネンの生地は、しわ感も程良く、小さな男の子が着てもかわいいのでは?と思いました。

パターンは「kidsのふだんぎ」より。
この本、先日図書館で借りたのですが、男の子のパターンも結構載っていて、一冊持っていたら何かと使えそうです。


a0252561_9501032.jpg



その中でも一番シンプルなデザインだったのが、この後ろポケットのパンツ^^
裁断まで済ましてしまえば、あっという間に完成しました。

以前作った、水玉のシャツに合わせてもかわいいし、ベーシックにGymphlexのポロを合わせても♪
最近イヤといったらイヤ!ばかりの息子には「こんなの着ない!」とポイっと投げられましたが(><)
当分、写真は撮れそうにないかな?!
先週の金曜日くらいから、一度スイッチが入ってしまうと、手をつけられない程に泣き叫んだり、こちらが言う事に対してイヤ!と言って絶対に折れないなど、今までとは明らかに違う泣きっぷりに、どうしたものかと・・・

週末も声がかすれるまで泣き叫んで、何かすごくストレスを感じる事でもあったのかな・・・何なんだろう・・・と心配すると同時に、私も一人の人間なので、ずっとギャーギャーを横で聞いていると、同じレベルでイライラっとして、
泣いている息子に向かって大きな声をあげてしまいました。

たっぷり泣いた後で、抱っこをしながら話を聞いてあげようと・・・
すると、息子なりに色んな気持ちを抱いていた事に気づきました。

例えば、1歳の甥っ子が遊びにきてくれた時に、「お兄ちゃんなんだから・・・」とか「おもちゃかしてあげてよ」とか「〇〇君にそんな事したらダメでしょ」とかそういう言葉を周りの大人から言われる度に、すごくストレスを感じていたみたいです。

私は実の両親と息子と一緒に暮らしていて、息子は父親という存在を全く知らずに今まで育ちました。
姉や義理の兄もよく来てくれて、一緒に遊んでくれたり、何かとよくしてくれます。

そんな姉夫婦に甥っ子が産まれて、今までは自分ばかり注目されていたのに、甥っ子の方にみんなの視線が集まっているように感じて、寂しくなったのかな・・・
私のフォローも足りなかったなと、自分の言動を振り返って反省しました。
「お兄ちゃん違うもん、みんなすぐに帰っちゃうでしょ、〇〇君は悲しいの」って泣きながら言っていました。

3歳を迎えて、色んな感情を抱くようになり、心もしっかり成長しているという事ですよね。
あとは、俗にいう「イヤイヤ期」がやってきたのでしょう。
これもそれだけ自我が芽生えているという証拠。

保育園では随分お利口に過ごしている様なのですが、きっと3歳児なりにめいいいっぱい頑張ってるんだと思います。
だから家に帰ったら爆発してしまう時もあって、それはそれでいいのです。
お母さんにたっぷり甘えたいんですよね。

それにしても、スイッチが入ったら、見事に全部「イヤ!」
お風呂に歯磨き、片付けなど、自分の気が向かないのに何度も言われたら「ギャーーー(><)」
何と声がでかいんだ・・・

でもこれも立派な成長だって、受け止めていこう。
子供に振り回されすぎないように、私も芯をしっかり持たなきゃ。

息子よ、どうぞお手柔らかに~^^;


先週の金曜日くらいから、一度スイッチが入ってしまうと、手をつけられない程に泣き叫んだり、こちらが言う事に対してイヤ!と言って絶対に折れないなど、今までとは明らかに違う泣きっぷりに、どうしたものかと・・・

週末も声がかすれるまで泣き叫んで、何かすごくストレスを感じる事でもあったのかな・・・何なんだろう・・・と心配すると同時に、私も一人の人間なので、ずっとギャーギャーを横で聞いていると、同じレベルでイライラっとして、
泣いている息子に向かって大きな声をあげてしまいました。

たっぷり泣いた後で、抱っこをしながら話を聞いてあげようと・・・
すると、息子なりに色んな気持ちを抱いていた事に気づきました。

例えば、1歳の甥っ子が遊びにきてくれた時に、「お兄ちゃんなんだから・・・」とか「おもちゃかしてあげてよ」とか「〇〇君にそんな事したらダメでしょ」とかそういう言葉を周りの大人から言われる度に、すごくストレスを感じていたみたいです。

私は実の両親と息子と一緒に暮らしていて、息子は父親という存在を全く知らずに今まで育ちました。
姉や義理の兄もよく来てくれて、一緒に遊んでくれたり、何かとよくしてくれます。

そんな姉夫婦に甥っ子が産まれて、今までは自分ばかり注目されていたのに、甥っ子の方にみんなの視線が集まっているように感じて、寂しくなったのかな・・・
私のフォローも足りなかったなと、自分の言動を振り返って反省しました。
「お兄ちゃん違うもん、みんなすぐに帰っちゃうでしょ、〇〇君は悲しいの」って泣きながら言っていました。

3歳を迎えて、色んな感情を抱くようになり、心もしっかり成長しているという事ですよね。
あとは、俗にいう「イヤイヤ期」がやってきたのでしょう。
これもそれだけ自我が芽生えているという証拠。

保育園では随分お利口に過ごしている様なのですが、きっと3歳児なりにめいいいっぱい頑張ってるんだと思います。
だから家に帰ったら爆発してしまう時もあって、それはそれでいいのです。
お母さんにたっぷり甘えたいんですよね。









先週の金曜日くらいから、一度スイッチが入ってしまうと、手をつけられない程に泣き叫んだり、こちらが言う事に対してイヤ!と言って絶対に折れないなど、今までとは明らかに違う泣きっぷりに、どうしたものかと・・・

週末も声がかすれるまで泣き叫んで、何かすごくストレスを感じる事でもあったのかな・・・何なんだろう・・・と心配すると同時に、私も一人の人間なので、ずっとギャーギャーを横で聞いていると、同じレベルでイライラっとして、
泣いている息子に向かって大きな声をあげてしまいました。

たっぷり泣いた後で、抱っこをしながら話を聞いてあげようと・・・
すると、息子なりに色んな気持ちを抱いていた事に気づきました。

例えば、1歳の甥っ子が遊びにきてくれた時に、「お兄ちゃんなんだから・・・」とか「おもちゃかしてあげてよ」とか「〇〇君にそんな事したらダメでしょ」とかそういう言葉を周りの大人から言われる度に、すごくストレスを感じていたみたいです。

私は実の両親と息子と一緒に暮らしていて、息子は父親という存在を全く知らずに今まで育ちました。
姉や義理の兄もよく来てくれて、一緒に遊んでくれたり、何かとよくしてくれます。

そんな姉夫婦に甥っ子が産まれて、今までは自分ばかり注目されていたのに、甥っ子の方にみんなの視線が集まっているように感じて、寂しくなったのかな・・・
私のフォローも足りなかったなと、自分の言動を振り返って反省しました。
「お兄ちゃん違うもん、みんなすぐに帰っちゃうでしょ、〇〇君は悲しいの」って泣きながら言っていました。

3歳を迎えて、色んな感情を抱くようになり、心もしっかり成長しているという事ですよね。
あとは、俗にいう「イヤイヤ期」がやってきたのでしょう。
これもそれだけ自我が芽生えているという証拠。

保育園では随分お利口に過ごしている様なのですが、きっと3歳児なりにめいいいっぱい頑張ってるんだと思います。
だから家に帰ったら爆発してしまう時もあって、それはそれでいいのです。
お母さんにたっぷり甘えたいんですよね。
[PR]
by panier0304 | 2012-05-14 23:42 | ソーイング
<< お抹茶の香り         ... 日々のご飯 >>